活動報告

伊原木岡山県知事を訪問(寄付)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寄付金を手渡す岡山遊技業協同組合 理事長 千原 行喜

(写真左から) 金沢 副理事長、千原理事長、伊原木知事、三井副理事長、髙見専務理事

当組合は、12月26日、地域貢献福祉活動として岡山県福祉基金(桃太郎愛のともしび基金)に100万円の寄付を行い、代表の伊原木隆太県知事から感謝状を授受しました。

●贈呈日時
2019年12月26日(木)

●寄付金について
岡山遊技業協同組合は、昭和49年に「善意の箱基金」を設立。売り上げの一部を組合員で積み立て、年末に基金の一部を岡山県の社会貢献活動などに役立てていただいています。

関連記事

新着情報

  1. 岡山県遊技業協同組合および岡山県遊技業防犯協力会が行う寄付・寄贈は、組合員から集めた組合費等を財源と...
  2. 岡山県遊技業協同組合理事長 千原行喜6月18日(金)、2021年度の岡山県遊技業協同組合・岡山県...
  3. 献血中の千原行喜理事長献血中の三井浩一副理事長(左)・金沢竜志副理事長(右)当組合は、1...
  4. 当日の取材風景(千原行喜理事長(右から2人目))当組合は、昭和58年以降、通常総会開催に併せて献...
  5. 新天地育児院 梅里拓志院長(左)へ2020年12月24日(木)、 児童養護施設「社会福祉法人 新...

アーカイブ