活動報告

第11回全国遊技業青年部交流会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月13日、第11回全国遊技業青年部交流会を岡山市の「ANAクラウンプラザホテル岡山」で開催しました。

幹事を担当した私たち岡山県遊協青年部会をはじめ、26都府県の青年部会員など168人が参加しました。

光本部会長は「我々が引き継いできた業を良くするのも悪くするのも我々次第。今日集った各人が業界の未来に対して何かを感じ、遊技業界を新しい時代へ発展させるきっかけとなれば」とあいさつ。

続いて岡山県遊協を代表して千原行喜理事長が登壇し、「全日遊連の加盟店舗数は閉店・廃業が相次ぎ、年末に9000店舗を割った厳しい状況であるが、これからも業界に夢を持てる素晴らしい会となる事を期待する」とあいさつしていただきました。

基調講演では、全日遊連の阿部恭久理事長が登壇し、保通協の適合状況や、業界と政治、そして警察との関係構築、依存症対策といったトピックについてそれぞれ、過去から現在に至るまでの背景や今後の展望等について説明していただきました。

交流会では、日工組の筒井公久理事長、日電協の兼次民喜理事長、全商協の林和宏会長、回胴遊商の大饗裕記理事長、全日遊連の阿部恭久理事長にパネルディスカッションでパチンコホールの営業形態、遊技機関連の動向、そして政治関連のトピックなどの最新動向を話し合っていただきました。

はじめての岡山県での全国青年部交流会開催で至らないことが多々あったと思いますが、全国の青年部会員の方々に業界トップの方の生の声や業界を取り巻く諸課題、最新動向を届けられて良かったと思います。

岡山青年部会はこの貴重な体験を基に、今後の遊技業界の更なる発展に力を尽くしていきます。

関連記事

新着情報

  1. 岡山県遊技業協同組合および岡山県遊技業防犯協力会が行う寄付・寄贈は、組合員から集めた組合費等を財源と...
  2. 岡山県遊技業協同組合理事長 千原行喜6月18日(金)、2021年度の岡山県遊技業協同組合・岡山県...
  3. 献血中の千原行喜理事長献血中の三井浩一副理事長(左)・金沢竜志副理事長(右)当組合は、1...
  4. 当日の取材風景(千原行喜理事長(右から2人目))当組合は、昭和58年以降、通常総会開催に併せて献...
  5. 新天地育児院 梅里拓志院長(左)へ2020年12月24日(木)、 児童養護施設「社会福祉法人 新...

アーカイブ