活動報告

余暇進との合同研修会を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千原岡山県遊協理事長(余暇進副会長)

平成30年2月20日、岡山県遊技業協同組合/同防犯協力会は、岡山市北区のさん太ホールにおいて研修会を開催した。研修会は二部構成で開催。第一部では、「DK-SISデータから見える2018年の方向性と取るべき戦略!」と題した講演(講師 ダイコク電機㈱ 成田上席講師)が行われた。

岡山県警察本部生活安全企画課橋野犯罪抑止対策室長

第二部は一般社団法人 余暇環境整備推進協議会(余暇進。会長 笠井聰夫氏) と合同で開催し、163人(県遊協からは110人)が参加した。第二部では、昨年9月20日に岡山県警察と当防犯協力会が締結した「犯罪の起きにくい社会づくりの推進に関する協定」の締結までの経緯と現在の取り組みについてを髙見専務理事が報告。続いて行政からの講話を聴講した後、「防犯カメラの新たな活用について」と題した講演(講師 ㈱システムエイ・ブイ 井関代表取締役ほか)が行われた。講演は、協定の中でも重要性を取り上げられた防犯カメラの内容であったことから、参加者は熱心に耳を傾けていた。

関連記事

新着情報

  1. 岡山県遊技業協同組合が行う寄付(寄贈)は、組合員から集めた組合費等を財源としています。
  2. 訓練後、取材対応する三井浩一支部長「子ども連れでの駐車場入場禁止」や「駐車場の定期的巡回」等、ホ...
  3. (左から)金沢副理事長、千原理事長、(一財)岡山県青少年財団 末長理事長、三井副理事長6月16日...
  4. 献血会場にて(千原理事長(右から2人目)、三井副理事長(一番左)、光本常務理事(一番右))当組合...
  5. 令和3年11月12日(金)、遊技会館4階会議室にて青年部会研修セミナーを開催しました。

アーカイブ