活動報告

平成30年秋季セミナーを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千原行喜岡山県遊協理事長

平成30年11月1日、岡山県遊技業協同組合/同防犯協力会は、岡山市北区の山陽新聞社さん太ホールにおいて秋季セミナーを開催した。(参加者 175人)

岡山県警察本部生活安全企画課櫻田一誠課長補佐

セミナーでは、千原理事長の開会あいさつに続き、行政から「ぱちんこ業界当面の諸問題」と題して、「風適法の目的をよく理解した上で、法を順守した営業を」、「射幸性の抑制」、「遊技機の不正改造の絶無」、「ぱちんこ営業の賞品に関する問題」、「広告・宣伝等の健全化の徹底」、「置引き対策」、「適切な賞品提供の徹底」の7点について重要な講話をいただいた。引き続き、「DK-SISから見る市場の現状と今後」と題した講演(講師 ダイコク電機㈱ 成田晋治上席講師)、「新基準パチンコ・スロット考察」と題した講演(講師 フィールズ㈱ 宮本英司氏)が行われ、いずれも今後の当業界にとって大変貴重な話であったことから、参加者は熱心に聴講していた。

講演終了後、千原理事長が「営業停止、営業取消の店舗が出ないよう、遵法営業に努めていただきたい。」と強い口調で一言会場に呼びかけたのち、三井浩一副理事長が閉会あいさつをし全ての予定を終了した。

関連記事

新着情報

  1. セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長会場の様子 2022年10月7日、岡...
  2. 岡山県遊技業協同組合が行う寄付(寄贈)は、組合員から集めた組合費等を財源としています。
  3. 訓練後、取材対応する三井浩一支部長「子ども連れでの駐車場入場禁止」や「駐車場の定期的巡回」等、ホ...
  4. (左から)金沢副理事長、千原理事長、(一財)岡山県青少年財団 末長理事長、三井副理事長6月16日...
  5. 献血会場にて(千原理事長(右から2人目)、三井副理事長(一番左)、光本常務理事(一番右))当組合...

アーカイブ