活動報告

2021年秋季セミナーを開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長

会場の様子

 2021年12月8日、岡山県遊技業協同組合/同防犯協力会は、岡山市北区の山陽新聞社さん太ホールにおいて秋季セミナーを開催した。(参加者 約100人)

岡山県警察本部生活安全企画課 草壁 毅課長補佐

 セミナーでは、千原行喜理事長の開会あいさつに続き、行政から『ぱちんこ業界当面の諸問題』と題して重要な講話をいただいたのち、2つの講演が行われた。

1. 演題『これからの遊技機等の展望』(日本電動式遊技機工業協同組合:兼次民喜理事長、日本遊技機工業組合:榎本善紀理事長(お二方とも収録映像によるご出演)※放映前に三井浩一副理事長が内容を紹介。

2. 演題『DK-SISから読み取る完全新規則機時代にフィットする戦略』(ダイコク電機㈱ MIRAIGATE-SIS統括部MGコンサルタント課上席講師:服部祐治氏)

長時間にわたるセミナーであったが参加者は熱心に聴講。講演終了後、金沢竜志副理事長が閉会あいさつをし今回のセミナーを終了した。

関連記事

新着情報

  1. 伊原木県知事(右)から感謝状を受け取る千原理事長(写真左から) 髙見専務理事、金沢副理事長、千原...
  2. 新天地育児院 梅里拓志院長(左)へ2021年12月24日(金)、児童養護施設「社会福祉法人 新天...
  3. 千原行喜理事長(右)から山陽新聞社会事業団(大橋宗志専務理事(左))へ岡山県遊技業協同組合は、社...
  4. セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長会場の様子 2021年12月8日、岡...
  5. 岡山県遊技業協同組合および岡山県遊技業防犯協力会が行う寄付・寄贈は、組合員から集めた組合費等を財源と...

アーカイブ