活動報告

車内放置防止キャンペーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月11日青年部会が毎年行っている子供の「車内放置防止キャンペーン」として、今年度は倉敷市内の組合加入店3店舗にて部会員5名が駐車場の巡回とオリジナルのポケットティッシュの配布を行い、お客様に車内放置事故の撲滅を呼びかけた。

また、ホール責任者には車内放置発見時に車のガラスを割るためのハンマーをプレゼントし、事故を未然に防ぐよう、さらなる注意喚起を行いました。

次代を担う幼い命を、悲しい事故から守るためにも、お客様がお車でホールに来場された際、またお帰りの際に、駐車場内やその周辺で、車内に放置されたお子様を見かけましたら、至急、ホールまたは警察署への通報をお願いします。

幼児の車内放置事故根絶のため、皆様のご理解とご協力をお願いします。

関連記事

新着情報

  1. 伊原木県知事(右)から感謝状を受け取る千原理事長(写真左から) 髙見専務理事、金沢副理事長、千原...
  2. 新天地育児院 梅里拓志院長(左)へ2021年12月24日(金)、児童養護施設「社会福祉法人 新天...
  3. 千原行喜理事長(右)から山陽新聞社会事業団(大橋宗志専務理事(左))へ岡山県遊技業協同組合は、社...
  4. セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長会場の様子 2021年12月8日、岡...
  5. 岡山県遊技業協同組合および岡山県遊技業防犯協力会が行う寄付・寄贈は、組合員から集めた組合費等を財源と...

アーカイブ