活動報告

子どもの居場所づくり事業に対しての寄付贈呈式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月30日、岡山市保健福祉会館にて「子どもの居場所づくり事業」に対しての寄付贈呈式を行いました。岡山市社会福祉協議会が行っているこの事業は、子ども食堂や学習支援などを通じて、近年問題となっている貧困や虐待などの困難を抱える子どもや家庭に気付き、必要な支援につなげていく活動です。

子ども食堂は、子どもが一人で参加でき、無料または安価で栄養バランスの取れた食事を提供します。

社会とつながる「居場所」をつくり、地域の人々との交流や暖かな団らんの時間を共有することで、貧困から子ども達を守る大切な取り組みです。この取り組みを支援するために、今回は高島屋様にご協力いただき、青年部会から岡山市内の子ども食堂へ食器やレクリエーション用のボードゲームなどを寄贈いたしました。

贈呈式では、職員の方からこども食堂の現状や実際のニーズを聞くことができ、今後も当組合の社会貢献事業としてこのような支援を継続的に続けていきたいと思います。

関連記事

新着情報

  1. 伊原木県知事(右)から感謝状を受け取る千原理事長(写真左から) 髙見専務理事、金沢副理事長、千原...
  2. 新天地育児院 梅里拓志院長(左)へ2021年12月24日(金)、児童養護施設「社会福祉法人 新天...
  3. 千原行喜理事長(右)から山陽新聞社会事業団(大橋宗志専務理事(左))へ岡山県遊技業協同組合は、社...
  4. セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長会場の様子 2021年12月8日、岡...
  5. 岡山県遊技業協同組合および岡山県遊技業防犯協力会が行う寄付・寄贈は、組合員から集めた組合費等を財源と...

アーカイブ