活動報告

第7回星野仙一杯争奪 西日本肢体不自由児ティーボール交歓大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月29日、岡山ドームにて西日本肢体不自由児ティーボール交歓大会が開催されました。

この大会はティーボール競技を通じ、西日本地区の肢体に障害がある子どもたち同士の交流と親睦を図り、これまで取り組んできた療養の成果を披露することを目的とされており、第7回目とな

る今大会には中四国地区、九州地区をはじめ、震災復興支援として福島・熊本県連合チームが招待され、全7チームが参加し優勝杯を争いました。

開会式では社会福祉法人 旭川荘 旭川療育園園長の赤澤啓史大会実行委員長が開会宣言を行い、大会会長である星野仙一氏からよせられたコメントが読まれました。

試合では、日頃の練習の成果を存分に発揮し、楽しみながらも真剣に戦う子どもたちとそれをサポートし温かく見守る職員や家族の方の姿が印象に残りました。

我々、青年部会員はボランティアスタッフとして、前日の設営準備から当日の選手のお手伝い、撤収などを行いました。

関連記事

新着情報

  1. セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長会場の様子 2022年10月7日、岡...
  2. 岡山県遊技業協同組合が行う寄付(寄贈)は、組合員から集めた組合費等を財源としています。
  3. 訓練後、取材対応する三井浩一支部長「子ども連れでの駐車場入場禁止」や「駐車場の定期的巡回」等、ホ...
  4. (左から)金沢副理事長、千原理事長、(一財)岡山県青少年財団 末長理事長、三井副理事長6月16日...
  5. 献血会場にて(千原理事長(右から2人目)、三井副理事長(一番左)、光本常務理事(一番右))当組合...

アーカイブ