活動報告

関係報道機関へ寄付

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山陽新聞社会事業団 大橋宗志専務理事(左)へ

岡山県遊技業協同組合は、各報道機関が独自に実施している社会福祉活動等に役立てていただくため、報道機関を訪れ寄付金を贈呈致しました。

1.贈呈日時
2020年12月14日(月)

2.訪問者
理事長 千原 行喜、専務理事 髙見 浩三、事務局長 長尾 周二

3.寄付金について
岡山県遊技業協同組合は、昭和49年に「善意の箱基金」を設立。売り上げの一部を組合員で積み立て、年末に基金の一部を各報道機関を通じて社会貢献活動などに役立てていただいています。

4.訪問先
山陽新聞事業団、山陽放送、岡山放送、瀬戸内海放送、西日本放送、テレビせとうち(敬称略・順不同)に合計175万円。

山陽放送 桑田 茂代表取締役社長(右)へ

岡山放送 中静敬一郎代表取締役社長(左)へ

テレビせとうち 土井雅人代表取締役社長(右)へ

西日本放送 中川弘之岡山本社中国総支社支社長(右)へ

瀬戸内海放送 三木 栄執行役員岡山代表(左)へ

関連記事

新着情報

  1. セミナーの冒頭、あいさつをする岡山県遊協 千原行喜理事長会場の様子 2022年10月7日、岡...
  2. 岡山県遊技業協同組合が行う寄付(寄贈)は、組合員から集めた組合費等を財源としています。
  3. 訓練後、取材対応する三井浩一支部長「子ども連れでの駐車場入場禁止」や「駐車場の定期的巡回」等、ホ...
  4. (左から)金沢副理事長、千原理事長、(一財)岡山県青少年財団 末長理事長、三井副理事長6月16日...
  5. 献血会場にて(千原理事長(右から2人目)、三井副理事長(一番左)、光本常務理事(一番右))当組合...

アーカイブ