活動報告

児童養護施設「新天地育児院」にクリスマス訪問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新天地育児院 梅里拓志院長(左)へ

2021年12月24日(金)、児童養護施設「社会福祉法人 新天地育児院(岡山市門田本町)に千原理事長(岡山市ぱちんこ業協会会長)、髙見専務理事、杉事務局長が訪問し、寄付金40万円(岡山市ぱちんこ業協会から20万円、千原理事長が代表を務める成通グループから20万円)を贈呈した。また、昨年は新型コロナウイルス感染防止対策のため児童不在の贈呈式のみであったが、今年2年ぶりに開催されたクリスマス会で、自転車やケーキ等を直接児童にプレゼントした。(その風景:下記写真)

児童にプレゼントを渡すサンタ(千原理事長)(当日の取材風景)

児童からのお礼の言葉のあと、“ひじタッチ” を交わす千原理事長

●岡山市ぱちんこ業協会(岡山県遊技業協同組合岡山支部の愛称)

●社会福祉法人 新天地育児院について
この施設は、「福祉」という言葉さえ定着していなかった明治期より、日本における社会福祉事業の先駆者としてその生涯を捧げ、「児童福祉の父」、「岡山四聖人」の1人と称される石井十次(1865~1914)が創設した岡山孤児院ゆかりの社会福祉施設です。

関連記事

新着情報

  1. 岡山県遊技業協同組合が行う寄付(寄贈)は、組合員から集めた組合費等を財源としています。
  2. 訓練後、取材対応する三井浩一支部長「子ども連れでの駐車場入場禁止」や「駐車場の定期的巡回」等、ホ...
  3. (左から)金沢副理事長、千原理事長、(一財)岡山県青少年財団 末長理事長、三井副理事長6月16日...
  4. 献血会場にて(千原理事長(右から2人目)、三井副理事長(一番左)、光本常務理事(一番右))当組合...
  5. 令和3年11月12日(金)、遊技会館4階会議室にて青年部会研修セミナーを開催しました。

アーカイブ